繊維の基礎知識

 

    繊維は、天然繊維と化学繊維に大別され、さらに細かく分類されます。

 

 1、天然繊維 (動物繊維・植物繊維・鉱物繊維)

 

名称

原材料

生産国

動物繊維

羊毛

ウール

 オーストラリア

獣毛

カシミヤ

カシミヤ山羊

 中国(カシミール地方)、モンゴル、イラン

アルパカ

アルパカ

 南米アンデス山脈高地

キャメル

ふたこぶラクダ

 中央アジア(中国、外モンゴル、旧ソ連南部)

アンゴラ

アンゴラうさぎ

 中国

モヘヤ

アンゴラ山羊

 北アメリカ、トルコ、南アフリカ

カイコ繭

 中国、日本、インド、ロシア

植物繊維

ラミー・リネン

 中国・フィリピン(ラミー)、ヨーロッパ・エジプト(リネン)

綿

綿花

 中国、インド、オーストラリア、アメリカ、ロシア

鉱物繊維

石綿(アスベスト)

 主にクリソタイル

 

 

 2、化学繊維 (無機繊維・精製繊維・再生繊維・半合成繊維・合成繊維)

 

名称

原材料

 特徴

再生繊維

レーヨン

木材・パルプ

 光沢とドレープ性が優れている

ポリノジック

 木材・パルプ

 湿潤状態での強度低下や膨潤収縮に優れている

 リヨセル

 木材・パルプ

 オーストリア産の精製セルロース

テンセル

 木材・パルプ

 イギリスのコートルズ社製精製セルロース繊維

 キュプラ

 コットンリンター

 静電気の発生が極めて少ない

 半合成繊維

 アセテート

 木材・パルプ

 シルクに似た光沢と深みのある鮮明な発色

 トリアセテート

 木材・パルプ

 

プロミックス

 牛乳蛋白カゼイン

 シルクに似た美しい光沢と適度な吸湿性

 合成繊維

アクリル

石油

 軽く、ふっくらとした感触

ナイロン

石炭

 

ポリエステル

石油

 コシ、ハリ、耐熱性に優れる

ポリウレタン

石油

 天然ゴムに似た弾性糸を持つ

ビニロン

石油

 吸湿性が高く、摩擦強度、低価格

ポリ塩化ビニル

石油

 吸湿性が全くなく難燃性

ポリプロピレン

石油

 

無機繊維

炭素繊維

 

 

ガラス繊維

 ガラス

 

金属繊維

 ステンレス、鉄、金、銀、アルミニウム

 

 

以上の資料は株式会社ワールド-素材の基礎知識、繊維製品の基礎知識-(社)日本衣料管理協会をもとに作製いたしました。

            株式会社ワールド-素材の基礎知識・・・http://www.world.co.jp/fashion/material/

            繊維製品の基礎知識-(社)日本衣料管理協会     (洗濯・染み抜き・クリーニングの大辞典)

                                             http://sentaku-shiminuki.com/seni/top-4.html#繊維の種類

染料の基礎知識 染料の基礎知識へ

染色の基礎知識 染色の基礎知識へ

オリジナル布プリント オリジナル転写プリントをお探しなら【リアルテックス】のページへ!

http://realtex.ijprint.com/textile/